Header title

#17 東京ロビン

第三の男をイメージしたオムカレー

恵比寿四丁目にある大正明治昭和の雰囲気を思わせるような店構えのこちら「東京ロビン」。店内には蓄音機が置いてあり実際に聞く事もできるレトロ感満載のお店。広尾で腕を振るったオーナーシェフの石井シェフはこのヱビスビールに合う逸品について深く考えていた。実はこのお店がOPENする時にお客様から頂いたとあるSP版がこの恵比寿の料理人が考える逸品グランプリと深くかかわっていた。お客さんから頂いた蓄音機SPレコード。それは「第三の男」という曲。この曲はヱビスビールのCMに使われるなど恵比寿の駅の音でも有名な曲。この曲は映画「第三の男」で使用された曲で実際にその映画に出てきたカフェの名物料理を東京ロビン風にアレンジして再現するという物。ストーリーだけでもワクワクするこの料理。実際の相性は如何に!?

  • Medium
  • Medium
  • Medium
Icon arrow left
Icon arrow right
CHEFS RECOMMENDSMedium

石井常雄 シェフ

1949年イギリス映画「第三の男」が公開されました。舞台はウィーンですが撮影場所はチェコのプラハの街なみが映しだされています。その中にプラハで一番歴史のあるカフェ”カフェ・スラヴィア”映画のシーンにも使われたここのカフェの名物はビールとオムレツです。そして映画で使用された楽曲にはYEBISUビールでお馴染みのテーマ曲が使用されています。東京ロビンではサッポロビールの定番のエビスビールにその力強さにあわせるためスパイスの効いた東京ロビンの定番メニューオムカレーをおすすめしたいと思います。東京ロビンにある1931年製の蓄音機で第三の男のレコードを聞きながら昭和の雰囲気の中このオムカレーとYEBISUをお召し頂き楽しんでもらえたら最高です。

EBISU SHINBUN RECOMMENDSMedium

ヱビスビール × 第三の男をイメージしたオムカレー = 1,000円

プラハのカフェ・スラヴィアでも名物だった「オムレツ」オムレツがビールに合うのか?と思いきやこれが合う。スパイシーでエキゾチックなオムカレーのカレー部分がヱビスビールのコクとマッチして軽やかなハーモニーを醸し出す。タマゴにくるまれた中のチキンライスにはゴロっとチキンが入っておりこれがまたヱビスビールの杯が進む。素敵なストーリーと共にこの逸品とヱビスで乾杯し蓄音機から聞こえる第三の男を聞きながら召し上がってみてください。

INFO

tel
03-6447-7333
住所
東京都渋谷区恵比寿4丁目10−8 エビスビル 2F
営業日
[火~日]12:00~24:00
定休日
月曜定休
MediumMedium