Header title

#14 ekao

3種のフライドポテト 自家製甘えびバターがけ

恵比寿駅から徒歩2分。古びた雑居ビルの中にひっそりと佇む小さなダイニング「ekao」。オーナーシェフの泉氏は富山県出身でekaoで取り扱う食材は富山の海の幸・野菜などをイタリアンベースで提供するいつも満席でにぎわう隠れ家的お店だ。富山を愛するがゆえに今回のヱビスビールに合う逸品も富山のフレーバーがしっかりと刻まれている。逸品に使用するジャガイモに関しては奥様のご実家と泉シェフのご実家で採れた無農薬じゃがいもの合わせ技という家族を大事にする人はきっとお客さんも大事にするだろうと思える人柄がにじみ出た逸品となった。

  • Medium
  • Medium
  • Medium
Icon arrow left
Icon arrow right
CHEFS RECOMMENDSMedium

泉博人 シェフ

自家製の甘えびバターは甘えびの殻と玉ねぎ・セロリ・人参・白ワイン・ブランデーを煮出してトマトソースとまぜる甘えびのアメリケーヌです。アメリケーヌを作る時、普通はロブスターやオマールを使いますが甘えびを使用しました。じゃがいもは、色が紫・赤・黄と見た目にも美しく揚げたてを提供させていただいています。その上から甘えびの塩を周りに散らします。富山と群馬の無農薬じゃがいもを使用しています。

EBISU SHINBUN RECOMMENDSMedium

ヱビスビール × 3種のフライドポテト 自家製甘えびバターがけ = 1,000円

さすが泉シェフ。仕事が細かい。3種類のじゃがいもは「インカのめざめ」「パープルシャドー」「ドラゴンレッド」と色とりどりのじゃがいもをフライドポテト風に素揚げ。3種類見事に味の違う品種をまとめるのが富山名物甘えびを使用した「自家製甘えびバター」。口に入れれば甘い海老の芳醇な香りとポテトの甘みが絶妙なバランス。そしてアクセントにこちらも自家製の「甘えび塩」がより甲殻類の濃厚な香りと旨みと甘みを押し出す。ヱビスビールの麦芽の甘みと不思議とマッチする瞬間は至福の時間になる事でしょう。

INFO

tel
03-5755-5744
住所
東京都渋谷区東3丁目25−6 楠ビル 4F
営業日
火曜日〜日曜日 18:00~25::00
定休日
月曜定休
MediumMedium