Header title

#1 hayari 世界のソーセージレストラン

チョリソメヒカーナ

「ソーセージは小宇宙です」こう語るのはこのあたりで熱狂的なファンの多い世界のソーセージが楽しめることで有名な「hayari 世界のソーセージレストラン」オーナシェフ村上武士シェフ。彼の作り出すソーセージに魅了された人は数知れず。恵比寿新聞もそんな一人である。世界中のソーセージを食べ歩き、作り出すソーセージはすべてハンドメイド。無添加の化学調味料を一切使わない、いわば「ソーセージという名のコスモ」なのである。今回村上シェフに出したお題「ヱビスビールに合うソーセージ」という事で何故か彼の頭は「メキシコ」へ飛んでいた。話によると「ヱビスビールが産まれた1890年と日本とメキシコの国交が始まったのが1892年。ほぼ同時期に現代の日本人のカルチャーとしてあたりまえのこの両者が産声をあげたということです!」奇天烈すぎる・・・発想が既に宇宙と化していた・・・・

  • Medium
  • Medium
  • Medium
Icon arrow left
Icon arrow right
CHEFS RECOMMENDSMedium

村上武士 シェフ

本格ドイツビールにドイツソーセージ。しかし世界のソーセージを製造するhayariはあえてドイツではないソーセージでマリアージュを図りたいと考えます。なぜなら本場ドイツビールを日本人の手により和製本格ドイツビールとして100年ブランドを築き揚げたエビスビールだから、私もドイツから伝わったソーセージを日本人の手により和製本格ソーセージとして築き上げたい思いがあるからです。そこで今回は「チョリソ」をエビスビールのパートナーとして選びました。 エビスビールの特徴は、麦芽100%の長期熟成からくる豊かな風味と喉ごしの良さ。余韻にしっかりとしたホップの苦みも感じつつ、重た過ぎずスッときれるから杯が進む。合わせるお料理も良き素材を使い、手間暇かけた思いが五感に伝わるものでないとエビスビールとのバランスはとれないと考えました。 そこで、単に辛いだけのチョリソではなく良質な国産豚肉の甘みを引き出した上で対比となる辛味のバランスを計算しました。それをじっくりと時間をかけて焼き上げると肉々しい食感と肉汁ほとばしる『チョリソメヒカーナ』の完成です。 是非ともキリっと冷えたエビスビールとお召し上がりください!

EBISU SHINBUN RECOMMENDSMedium

ヱビスビール × チョリソメヒカーナ = 1,000円

一口食べた途端に驚いた。チョリソと言えば「辛さが先に来る」というイメージが完全に打ち砕かれた。上質な豚肉の旨みと酢漬けにしたフレッシュハラペーニョの酸味と後からピリリと来る刺激が「ビール・・・ビール!ビール!」と動物的な感覚でビールを欲しがる。そしてヱビスの麦芽100%の豊かな風味がこのチョリソメヒカーナの後からジワリとくるピリリとした刺激を綺麗に消し去り、そしてもう一度あの刺激を欲しがっていく・・・

INFO

tel
03-5422-8467
住所
東京都渋谷区 恵比寿3-48-5 グランデ恵比寿2F
営業日
月~金 18時~23時(L.O.)土日祝 18時~22時30分(L.O.)土日祝 14:00~18:00(ハッピーアワー)
定休日
不定休
MediumMedium